素材が違う赤坂 焼鳥

素材が違う赤坂 焼鳥の「鳥旬・かがり火」です。毎日築地で仕入れる丸鶏を店内でさばき、1本ずつ手で串に刺していくので鮮度もよいと評判です。塩は沖縄の塩を使っていて、素材にはこだわりを持っているようです。
最後に出てくる鳥がら汁をダシにした味噌汁は濃厚でご飯にもよく合うので、締めで食べると幸せな気分にしてくれます。

こだわりは素材だけではなく、料理の見た目にも十分反映されています。料理を乗せるお皿は、作家に直接依頼して作ってもらった1品物の皿を使用するというこだわりようです。出された料理をより美味しく引き立ててくれます。

味はもちろん、見た目も一級品の料理を出してくれます。盛り付けにも細心の注意を払っていて、味と見た目の両方で焼き鳥を堪能させてくれます。毎日通いたくなるような絶品の店です。赤坂 焼鳥でおすすめの焼き鳥屋です。

鳥旬・かがり火
http://torishun-kagaribi.tokyo/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 航空会社にとって安全性と保安は重要ですが、顧客満足度を向上させることは、企業間競争という観点から大変…
  2. 前回の記事2のおさらいを簡単にしておきます。産業革命から起こっている電気使用量の増加に伴い、発電の中…
  3. 近年様々な雇用形態がありますが、悪質な雇用をしている会社は数限りないでしょう。正社員ではなく派遣社員…
ページ上部へ戻る