布団掃除の味方、レイコップ

レイコップが国内販売台数300万台を突破している理由には、やはり元内科医であるレイコップ・ジャパン代表リ・ソンジンが開発したという点が挙げられるでしょう。医師が開発したのでアレルゲンとなるハウスダストをより効率的に掃除できるように、という考えてレイコップは開発されました。布団に含まれるハウスダストは、布団を干すだけでは取り除く事が難しく、掃除機などで吸引しても繊維の奥に入ってしまっている場合などもあり除去しきれない事も多くあります。

レイコップは高速で回るたたきとブラシによって、こういったハウスダストを布団から追い出した上で吸引するので、掃除機などを使って掃除をするよりもはるかに効率的にハウスダストを除去する事が可能です。布団は毎日使うため、清潔に保っておくには小まめな掃除をする必要があり、その際にレイコップを使う事でより綺麗に掃除をできるようになります。アレルゲンを除去して快適な眠りをしたいと考えている人にとって、レイコップは心強い布団クリーナーとなってくれるでしょう。

レイコップ・ジャパン株式会社
http://www.euromedaffairs.org/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 航空会社にとって安全性と保安は重要ですが、顧客満足度を向上させることは、企業間競争という観点から大変…
  2. 前回の記事2のおさらいを簡単にしておきます。産業革命から起こっている電気使用量の増加に伴い、発電の中…
  3. 近年様々な雇用形態がありますが、悪質な雇用をしている会社は数限りないでしょう。正社員ではなく派遣社員…
ページ上部へ戻る